イベント・大会

ランバイクレースにチャレンジ!大会の基礎知識・種類・注意点・持ち物までチェック!

ストライダーエンジョイカップ

「ストライダーの大会に出てみたい!」

そう思ったらまずは大会の日程や開催場所を把握して、どの大会に出るかを計画していきましょう。

ストライダーカップのようにストライダーでしか出られない大会と、RCSのようにストライダー以外のランバイクでも出られる大会があります。

大会はどれもすべてレギュレーション(規定)が異なるため、どの大会も必ず大会要項の確認が必要です。

何をどうやって確認していけばいいのかわからないかもしれませんが、安心して大会に挑めるよう基礎知識からチェックしていきます。

レースやイベントの最新情報はこのサイトのトップページに一覧があります。

コドモバイク | HOME | 2021大会&イベント情報一覧

ストライダーしか出場できない大会

ストライダーエンジョイカップツインリンクもてぎステージ

あなたのランバイクはストライダーですか?

大会にはストライダーしか出場できない大会とストライダー以外のランバイクでも出場できる大会があります。

ストライダーとはアメリカのストライダー社によって作られているキックバイクで、日本ではストライダージャパンが販売しています。

ペダルレスバイク全般をストライダーということが多いですが、『ストライダー』は商標です。

ストライダーカップのようなストライダー限定の大会はストライダー社のストライダーでしか出られませんので注意してください。

ストライダーPRO

価格:23,100円
(2021/7/26 14:10時点)
感想(113件)

ストライダー社のストライダーについてはこちらのページで各モデルの詳細を解説しています。

ストライダーはどの種類をどこで買う?3台乗り継いでわかった正しい選び方のポイント

ランバイクとは

ランバイクとはストライダーも含めたキックバイクのことですが、スポーツとしての競技性の高い場合に使われる別称です。

ランバイク=キックバイク、バランスバイク、ランニングバイク、ペダルなし自転車と思って大丈夫です。

このサイトでは普段はキックバイク、競技性が高い場合はランバイクと呼んでいます。

ストライダーカップ

ストライダーカップのメダルを持って笑顔の男の子

ストライダーカップ実行委員会が主催するストライダージャパン公式大会がストライダーカップです。

ここ数年は年に2回、関東地方と関西地方で開催されています。

2021年は7月に大阪万博記念公園で開催され、11月には幕張メッセで開催の予定です。

ストライダーの大会の中でももっとも人気がある大会で定員も多いですが、参加希望者がそれ以上に多いため、先着と抽選に分けて受け付けられます。

先着エントリーは数分で締め切られるので、『早打ち』のためにパソコンにかじりつく必要があります。

抽選エントリーの倍率は公開されていませんが、応募しても落選した話はよく聞きくのでかなりの高倍率かもしれません。

海外枠は別でもうけられていることがあります

ストライダーカップ ストラくんの前でこぶしを上げる男の子

我が家は2019年大阪ラウンドは早打ちでエントリーできたものの、都合が合わず遠征できませんでした。

2019年東京ラウンドはやはり早打ちでエントリーできたものの、超大型台風で大会が中止。

2020年は新型コロナウイルス流行の影響で大会の開催がありませんでした。

2021年大阪ラウンドは早打ちエントリーできましたが、新型コロナウイルスの流行が落ち着いていないため、参戦をキャンセルしました。

残念ながらストライダーカップにはまだ縁がありません

以前はストライダーカップに5歳クラスもありましたが、14x発売後の世界レギュレーションに合わせて廃止されました。

14xオープンクラスはストライダー14xのランニングバイクモード限定で、14xでもペダルモードは認められません。

14xオープンクラスは4歳から6歳ならだれでもエントリーできるので、誕生日を迎えていない小学校一年生も出場できます。

ストライダーカップではオフィシャルチアリーディング、パンプジャム、各種スクール、交通安全教室などのサイドコンテンツが多くが展開され、かなりのお祭りイベントになっています。

出場者はエンジョイ派とガチ派の両方がおり、「実はストライダーカップがデビュー戦だ」というキッズも少なくありません。

予選大会はないので出場資格を満たしていればだれでもエントリーできます

大会名ストライダーカップ
開催場所千葉県千葉市
幕張メッセ
開催日程2021年11月27日
対象年齢2歳から6歳
カテゴリー2歳クラス(12インチ)
3歳クラス(12インチ)
4歳クラス(12インチ)
14xオープンクラス(4歳-6歳 / 14x)
参加費3,500円
定員各クラス合計792人(2021大阪ラウンド)
ST-R出場可
ストライダー以外の車両出場不可
車検あり
スタートMCのレディ・セット・ゴー
伴走原則禁止
最低走行機会2レース
敗者復活戦あり
詳細公式サイト

ストライダーエンジョイカップ

ストライダーエンジョイカップ ストライダープロで走る女の子

ストライダーエンジョイカップはストライダージャパン公認大会で、年間を通じて数戦が全国で行われます。

12インチのストライダーレギュラーモデルとストライダー14xのみのレースで、12インチでもストライダーST-Rでは出場できません。

12インチカテゴリーはノーマルEVAタイヤに限られているのがストライダーエンジョイカップのいちばんの特徴です。

観光地のレジャー施設で行われることが多く、旅行がてらに出場するファミリーも多くいます。

我が家はストライダーST-Rなので出場できません

ストライダーエンジョイカップ14xクラス 大会コースをはしる男の子

ストライダーエンジョイカップはストライダーカップと同様にイベント性が高く、スクールやショーがサイドコンテンツとして展開されます。

ツインリンクもてぎの大会ではラッキー池田だったかパパイヤ鈴木だったかが踊っていました。

「楽しむことが目的」とうたっていますが、出場者はエンジョイ派とガチ派の両方がいます

上位の表彰とは別で、全員に『がんばったで賞(表彰状)』と『レーシングメダル』が贈られます。

ストライダーエンジョイカップのレースは2歳クラスからですが、1歳半から2歳未満までのよちよちクラスがエキシビジョンとして開催されることがあります。

エキシビジョンであるよちよちの部は、コーナーのあるコースをトーナメントで走るのではなく20m-30mほどの直線での一発勝負で争われます。

ゴールまっしぐらの元気なライダーがいると思えば、スタートでフリーズしているキッズがいたり、泣いてしまって親の抱っこでゴールする『神の手』発動パターンもあったりします。

大会名ストライダーエンジョイカップ
開催場所全国
開催日程年間を通して数回
対象年齢1歳半-6歳
カテゴリーよちよちクラス(1歳半から2歳未満のエキシビジョン)
2歳の部
3歳の部
4歳の部
14xの部(4歳-6歳)
参加費3,000円
定員400名程度
ST-R出場不可
ストライダー以外の車両出場不可
車検なし
スタートMCのレディ・セット・ゴー
伴走原則不可
最低走行機会2回
予備予選なし
敗者復活戦あり
詳細公式サイト

ストライダーワールドカップ

ストライダーワールドカップは年に一度開催されるストライダーの世界大会で、正式名称はStrider Cup World Championshipです。

日本語に訳すとストライダーカップ世界選手権となるのですが、世界選手権よりもワールドカップのほうが日本になじみやすいため、通称としてストライダーワールドカップと呼ばれています。

ストライダーワールドカップは毎年開催されていましたが季節や時期は決まっていません。

10年目の節目となるストライダーワールドカップ2020大会は大阪・万博記念公園で日本初開催となるはずでしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が延期になりました。

日本からも選手団が結成され、毎年世界王者が誕生していました。

アメリカ開催では14xオープンクラスは3歳から出場できましたが、日本での開催の場合は4歳以上となりました。

地区予選や国予選はないため、だれでも出場できます。

初めてのストライダーレースがストライダーワールドカップという子どもも少なからずいることでしょう。

大会名ストライダーカップワールドチャンピオンシプ
(通称: ストライダーワールドカップ)
開催場所日本(2021予定)
開催日程年に一度
対象年齢2歳-6歳
カテゴリー2歳の部
3歳の部
4歳の部
14xの部(4歳-6歳)
定員800名程度
ST-R出場可
ストライダー以外の車両出場不可
車検あり
スタートMCのレディ・セット・ゴー
伴走原則不可
最低走行機会2回
予備予選なし
敗者復活戦あり
詳細公式サイト

ストライダーアジアンチャンピオンシップ

ストライダーアジアンチャンピオンシップは年に一度開催されるアジア王者を決める大会です。

正式名称はSTRIDER CUP ASIAN CHAMPIONSHIP、日本での通称はストライダーアジアカップです。

2016年に東京お台場で初開催され、その後はタイのバンコク、中国の北京、青島で開催されています。

ストライダー14xアドベンチャークロス

ストライダー14xアドベンチャークロスはストライダー14xのワンオフレースです。

上で紹介したストライダーの大会では14xカテゴリーはペダルを装着しないランニングバイクモードのみでのレースですが、14xアドベンチャークロスはランニングバイクモードとペダルバイクモードの両方とランを合わせて争われます。

レースはル・マン式スタートのランではじまり、数百メートル走ったあとにピットエリアでストライダー14xに乗り換えます。

そこから数百メートルから1kmほどのコースを走ったあとにピットインし、クルーがペダルユニットを装着、さらにペダルバイクモードでゴールへと向かいます。

全長約3kmにも及ぶレースもありますが、根性のあるキッズが多く、2019年の黒姫高原大会では出場ライダー全員が完走しました。

14xアドベンチャークロスは「ストライダー史上もっとも過酷なレース」というキャッチフレーズのとおり、かなりハードです。

2021年はアメリカでもアドベンチャークロスが開催されました

大会名ストライダー14xアドベンチャークロス
開催場所ツインリンクもてぎ, 黒姫高原など
対象年齢4歳-6歳
カテゴリーオープンもしくは年齢別
参加費2,500円
定員各クラス20名-30名程度
車両規定ストライダー14x
詳細公式サイト

ストライダー14x

価格:26,950円
(2021/7/26 14:09時点)
感想(117件)

ランバイク全般が出場できる大会

ストライダー社のストライダーだけでなく、他社のランバイクも出場できる大会を紹介していきます。

レギュレーションはそれぞれ異なり、また、同じ主催者のレースでも一戦ごとに変わる場合があります。

RCS 全日本ランバイク選手権シリーズ

RCSとは全日本ランバイク選手権シリーズ(Rumibike Championship Series)のことで、毎年、年に12回開催されます。

参戦クラスは毎戦ごとに月齢によって区分されるため、すべての子どもが月齢マックスで出場する機会があるよう工夫されています。

RCSは年間を通したシリーズ戦のため、生まれ年によるポイントランキング、団体戦のチームランキングがあるのも特徴のひとつです。

準決勝を勝ち抜いた選手によりD決勝、C決勝、B決勝、A決勝の順で決勝戦が行われ、D決勝1位の選手はC決勝、C決勝1位の選手はB決勝、B決勝1位の選手はA決勝へと進出できる下剋上システムが勝負を一層熱くさせます。

A決勝に進んだ13人は招集エリアからMCのアナウンスでレッドカーペットの上を通ってスタート台に登場する演出がとられ、どのクラスも非常に盛り上がります。

トラック上が表彰エリアとなり、トラックの経験は10位以内に入った選手だけのステータスとなります。

レッドカーペット、トラック表彰、表彰台、表彰台のてっぺんだけの優勝トロフィーを目指して数多くの選手が切磋琢磨しています。

海外から参戦する選手もおり、ストライダー以外のランバイクでも出場できる大会では日本最大級です。

東京サマーランドで開催されることが多く、東京サマーランドはランバイクの聖地とされています

大会名RCS 日本ランバイク選手権
開催場所全国
開催日程年間を通して12回
対象年齢2歳-8歳
カテゴリー2歳クラス
3歳クラス
4歳クラス
5歳クラス
6歳クラス
7・8歳クラス
OPENクラス(各クラス入賞者対象)
参加費1次: 4,000円
2次: 5,000円
新型コロナの影響で当日エントリーは休止中
ストライダー以外の車両出場可
車検あり
スタートシグナル音
伴走原則不可
最低走行機会2回
予備予選あり
敗者復活戦なし
詳細公式サイト

ちびっこのりだー

ちびっこのりだーは「元気に走る子ちびっこのりだー」を合言葉に、『ちびのり』の愛称で親しまれているアットホームがウリの大会です。

レースだけでなく体験会もあり、ランニングバイクの普及と競技力の向上に貢献しています。

鹿児島ではシリーズ戦も行われており、シリーズ戦では学年ごとのカテゴリーでポイントランキングがあります。

ちびっこのりだー@佐野レースは栃木ではほぼ毎月開催されますが、学年分けではなく年齢分けでのカテゴリーとなっています。

佐野レースは定員が少なく人工芝でスピードが出ないため、はじめてのレースにおすすめです。

その他の地域での開催は不定期となっています

大会名ちびっこのりだー
開催場所鹿児島県, 栃木県など
対象年齢2歳から6歳(未就学児)、新一年生
カテゴリー年齢別もしくは学年別
参加費2,000円-2,750円
ストライダー以外の車両出場可
伴走2歳、3歳クラスは可
最低走行機会3レース
詳細公式Facebook
みかもリフレッシュセンター多目的運動場トップページ

DRC

DRCとはDream Racer Cupの略で、関東を中心に日本各地で開催されるランバイクの大会です。

月に数回開催され、表彰式がメインイベントで全員表彰がウリの大会です。

DRCでは決勝が複数行われ、全員が必ず3回以上出走できます。

出走拒否や途中で転倒した場合もあきらめて帰らず、必ず次の出走を確認しましょう。

細かいクラス分けがなされる場合があり、月齢が若くても優勝するチャンスがうまれます。

6人以上でガールズクラスが成立するのも特徴のひとつです。

我が家が初めて出場したのがDRCです

大会名DRC(Dream Racer Cup)
開催場所関東を中心に各地
開催日程月に数回
参加費3,850円
ストライダー以外の車両出場不可
スタートシグナル音
伴走原則禁止
最低走行機会3レース
予備予選あり
詳細公式サイト

ROCK'S CUP

ロックスカップは「いつものレースをもっと楽しく!」がテーマのイベント性の高い大会です。

ロックスカップの中でもロックスチャレンジは4歳以下の低年齢、初心者を対象にしており、レースデビューにも向いています。

各クラス19人以上のエントリーの場合は誕生日やレース経験値を基準にしてクラスをふたつに分けることがあります。

参加者が少なく1組でのレースの場合はポイント制となります。

2歳クラスは2歳未満も出場できます。

ランニングバイク無料体験会&練習会が開催されることがあります。

大会名ROCK'S CUP
開催場所北海道, 関東, 東海, 中国地方など
開催日程不定期
対象年齢1歳から4歳もしくは6歳
カテゴリー2歳クラス
3歳クラス
4歳クラス
5歳クラス(大会による)
6歳クラス(大会による)
参加費3,000円前後
兄弟割引あり
ストライダー以外の車両出場可
スタートシグナル音
伴走原則禁止
最低走行機会3レース
詳細公式サイト

大会初心者が知っておきたいこと

大会出場に慣れていない初心者が知っておきたいポイントをここでおさえておきましょう。

情報収集の方法

大会の情報収集には、まずこのサイトのホームにある大会&イベント情報一覧をチェックしましょう。

主にInstagramとFacebookで情報を収集し、国内の大会で把握しているものはすべて掲載しています。

Google Calendarで自由に共有できます

そのほか、大会主催者や大会主催チームをSNSでフォローしておくと、いちはやく大会情報が手に入ります。

マストはストライダージャパンのSNS、ストライダーエンジョイカップのメールマガジン、RCSのFacebookあたりでしょうか。

エントリー方法

エントリーはネット申し込みがほとんどですが、JTBやローソンなどの大手システムのほか、公式ページからの申込みやアンケートフォーム形式などがあります。

締め切りまでは日数に余裕があることが多いですが、ストライダーカップのような超人気大会はあっという間に定員になりエントリーが締め切られます

早打ち必須の大会はスマホからではほぼ間に合わないので、PCからエントリーしましょう。

あらかじめ会員登録ができる場合は入力時間が大幅に減るので、必ず事前登録してください。

そのほか、ストライダーエンジョイカップなども定員に達し次第、募集打ち切りになります。

カテゴリーについて

大会によってクラス分けの基準が異なります。

大会当日の誕生日を基準にする大会が多いですが、RCSは12回開催ですべての月の月末を基準にクラス分けされます。

3歳になっていても2歳クラス、などのケースがあるので、間違ったクラスに申し込まないようにしましょう。

RCS以外の大会でも特殊な年齢分けの場合があるので、すべての大会で確認が必要です。

動画で予習

最近はランバイクの大会が公式や個人、チームなどのYouTubeやSNSにアップされていることが多くあります。

大会ごとの雰囲気を感じられるので、可能な限りチェックすると良いでしょう。

大会での注意点

ストライダー大会DRCコース練習

大会ごとに会場は異なり、レギュレーションも変わります。

ここではいくつかの注意点をあげておきます。

路面

ランバイクの大会はアスファルトなどのハード面の場合のほか、芝、人工芝、体育館、オフロードなど、さまざまな路面があります。

周回数

4歳以上のカテゴリーでは距離がロングコースになったり、2周走ったりするケースがあります。

2周するコースで1周だと思いこんでしまうのはダメージが大きいので、必ず確認が必要です。

進行

大きな大会は年齢ごとに2歳クラスが終わったら3歳クラス、3歳クラスが終わったら4歳クラスなど、区切って行われることが多いようです。

大会によっては、2歳3歳クラスは同時進行、4歳以上のクラスは同時進行というケースもあります。

また、全クラスを同時に進行し、すべての年齢の予選が終わったら次はすべての年齢の準決勝、などの順番になっている大会もあります。

午後の開催と思いこんでゆっくり会場についたらすでにレースが始まっていた、なんてことにならないように注意してください。

試走・公開練習

大会では本番のレースの前にコースを覚えるための試走・公開練習の時間があります。

カテゴリーごとに時間が別れていたり、スタート練習がある場合とコース内を走れるだけの場合とがあったり、大会によってすべて変わります。

ほとんどが当日のレース直前に試走・公開練習ですが、RCSは会場設営の手伝いをすれば前日に試走できますので、時間があれば前日から現地に入りたいところです。

スタート合図

ストライダー大会DRCスタート前

ランバイクのレースではスタートダッシュがとても重要です。

車やバイクのレースでは最初のコーナーにいちばんに入ることを『ホールショット』と呼びますが、ランバイクでもホールショットを奪うことが上位への近道です。

大会によってスタートの合図のあとにゲートが開く場合と、スタートの合図の瞬間にゲートが開く場合とがあります。

ストライダーカップは「レディ・セット・ゴー!」の合図のあとにゲートが開きます。

「ゴー!」と言ったあとに『バタン』です。

RCSは「ピッ・ピッ・ピッ・ポーン」のシグナルで、「ポーン」の瞬間にあわせてゲートが開きます。

「ポーン」と『バタン』が同時です。

どちらのパターンなのか、公開練習時にスタート練習を行っておきましょう。

大会によってシグナル音は変わりますが、RCSでは公式サイトからシグナル音をダウンロードできます。

シグナル音に合わせて「ピッ・ピッ・ピッ・ポーン」のポーンのタイミングで飛び出せるようになりましょう。

ランバイク用アプリの『Runbike Starte‪r』にはたくさんのスタート音が用意されており、動画も撮影しながら練習ができます。

スタート音とビデオ、ストップウォッチが一度に扱えるため、スタート以外の練習でもとても役に立ちます。

敗者復活戦

ストライダーカップやストライダーエンジョイカップなどの大会では敗者復活戦を採用しています。

予選で準決勝や決勝に上がれなくても、敗者復活戦で上位に入れば次のトーナメントに進めます。

予備予選制度

予備予選制度が採用される大会も多くあります。

スタートゲートによって有利不利があるので、予備予選での順位で本予選の組を分け、予備予選上位のライダーから順番にゲートを選びます。

セコンドと伴走

SUGOマルチショートランバイクカップ3歳クラス

ライダーには必ずセコンドがつき、スタート時のサポートをします。

セコンドはスタート時にライダーに触れたり押したりしてはいけない、などのルールが大会ごとにあります。

出走拒否や途中停止、コース内での転倒などの場合、セコンドは勝手にコースに入ることなく、必ずスタッフの指示に従いましょう。

伴走は原則禁止の大会が多いですが、一部の大会では2歳3歳クラスで伴走できることがあります。

選手の前を走らないなどのルールがあるか、事前にしっかり確認してください。

アクシデントがあった場合

出走拒否や途中停止など、セコンドがコースに入ったり抱っこしたりした場合の扱いは大会によって変わります。

親の抱っこでゴールすれば次のレースに出れる、無理に抱っこでゴールしなくても一回休んで次のレースに備える、などの規定がありますので、どの大会でも必ず確認しましょう。

複数の決勝

大会では表彰者を増やしたり、多くの子どもに順位をつけたり、全員の走る機会を増やしたりするために複数の決勝が行われる場合があります。

子どもが下位だったからとあきらめて帰るのではなく、次の出走があるかどうか確認しましょう。

順位制とポイント制

ほとんどの大会では勝ち上がりのトーナメント制を採用していますが、人数が少ない大会ではトーナメント制でなくポイント制を採用する場合があります。

ポイント制の場合はすべてのライダーが複数回走って各順位ごとにポイントを獲得し、合計ポイントで順位をつけます。

大会でのマナー

ストライダー大会表彰

ランバイクの大会に出るにあたって覚えておきたいマナーがあります。

表彰式に参加する、会場以外で走らない、怒らない・どならない、どれも当たり前に守りたいものです。

表彰式には参加する

大会は表彰式まで参加し、表彰式を盛り上げましょう。

大会が盛り上がることで主催者やスポンサーは大会が成功したと確信し、次の大会を開催しようという気持ちにもなります。

もちろん負けたレースの表彰式はつらいですが、くやしさを次への糧にしたいところです。

優勝したライダーをみんなでたたえましょう。

会場以外で走らない

大会ではレース会場以外では走らず、ランバイクを押すか持つか積むかして運びましょう。

転倒や衝突があった場合、ケガをするのは転んだ本人だけとは限りません。

事故があった場合に会場管理者に迷惑がかかると、その会場での大会開催が困難になることがあります。

怒らない・どならない

大会中に子どもを怒ったりどなりつけたりしないでください。

子どもに逆効果であるだけでなく、まわりの子どもも萎縮します。

大会での必須アイテム

ストライダープロとストライダーST-Rのカスタム車両

大会で必ず必要なアイテムをチェックしてみましょう。

持ち物リストを作って家族LINEのノートにあげておくと、どこでもすぐにチェックできて便利です。

車両

当然ですがランバイクの車両がないとはじまりません。

カスタムのしやすさや大会出場機会のことを考えるとストライダーPROがおすすめです。

人気のストライダーカップやストライダーエンジョイカップに出場できるのはもちろん、ユーザーが圧倒的に多いためカスタムの対応パーツも多くあります。

ストライダースポーツモデルよりも500gも軽量に設計されているのも重要なポイントです。

ストライダーPRO

価格:23,100円
(2021/7/26 14:10時点)
感想(113件)

ブレーキ

ブレーキはほとんどの大会で、安全のために取りはずす、または効かないようにワイヤーを調整する、といった対応が求められます。

ブレーキ付きのキックバイクやペダル後付け自転車の場合には、きちんとレギュレーションに合わせましょう。

ホイールのサイズ

ほとんどの大会では12インチであること、もしくは12インチ以下であることが求められます。

14インチは独自のカテゴリーとなっていますので、ストライダー14xしか持っていないのに12インチの大会にエントリーしてしまう、といったことがないように注意してください。

カスタマイズ

ランバイクの大会の常連は早く走るためにカスタムをするのが当然のようになっていますが、カスタムは必須のものではありません。

カスタムしていないからといって大会に出るのをためらう必要はなく、大会に出てみてから必要なカスタムをほどこしていけば大丈夫です。

ストライダーのカスタマイズについてはこちらのページもあわせてご覧ください。

【ホイール&タイヤ】ストライダーST-Rパーツでカスタムにトライ!【ハンドル&ステム】

ヘルメット

SUGOマルチショートランバイクカップ スタートエリア

大会では安全のためヘルメットの着用が義務付けられています。

ストライダーカップの世界統一レギュレーションでは

すべてのライダーはヘルメットを装着しなくてはならない。ヘルメットは「SG、CE、CPSC、EN」いずれかの安全規格を取得していなくてはならない。

とあります。

必ず安全規格をチェックし、クリアしたヘルメットを用意しましょう。

ENはヨーローパ規格CEのEN1078のことだと思います

ランバイクにおすすめのヘルメットはこちらのページで年齢別にランキングしています。

ストライダー用キッズヘルメット年齢別おすすめランキング!正しい選び方もチェック!

メロンヘルメット

低年齢であまりスピードが出ない場合には視野が広いハーフキャップで問題ないと思います。

ハーフキャップの中では軽量でフィット感の高いがおすすめです。

メロンヘルメットは実際に使ったレビューがありますのでこちらのページをご覧ください。

【使ってみた】メロンヘルメットはとにかく軽くて感激!サイズ調整で長く使えて経済的!

XXS-SM-LXL-XXL
頭囲46cm-52cm52cm-58cm58cm-61cm
重量265g280g
対象年齢1歳-3歳4歳-大人

メロンヘルメット Pure collection

価格:8,800円
(2021/7/27 09:04時点)
感想(0件)

CRATONI C-MANIAC クラトーニ シーマニアック

ストライダー大会とちキッズカップ2歳クラススタートエリア

年齢が上がって高速走行できるなら、転倒時に顔を守るためのチンガード(アゴプロテクター)が付いたフルフェイスタイプがおすすめです。

ランバイクの大会で圧倒的な支持を集めるのはCRATONIのC-MANIACです。

サイズS-M 52cm-56cm
M-L 54cm-58cm
重量390g
規格CE

クラトーニ シーマニアックプロ

価格:13,750円
(2021/7/26 14:33時点)
感想(0件)

グローブ

ほとんどの大会でグローブの着用が義務付けられます。

指が分かれていないミトンタイプ、5本指で指先までおおうフルフィンガータイプ、指先がないハーフフィンガータイプがあります。

ストライダーや自転車用に限定されていないので、軍手や冬用の手袋を使っているライダーもいます。

我が家は西松屋で買った毛糸のミトンとヨツバサイクルのチャレンジグローブミトン、スーパースポーツゼビオで買ったキャンプ用軍手を持っています

ヨツバサイクル CHALLENGE GLOVE MITTEN チャレンジグローブミトン

ヨツバサイクルのチャレンジグローブミトンは1歳半から使えるミトンタイプのグローブです。

手の甲部分が大きく開くので、手を入れやすくなっています。

スタート直前にあわててグローブをはめることも多かったので、ミトンは重宝しました。

YXSを使っていますが、小柄な娘は4歳になっても少し大きめに感じます

タイプミトン
カラーカー, オウル, リボン, フロッグ
サイズYXXS(1歳半-3歳), YXS(3歳-5歳)

ヨツバサイクル チャレンジグローブミトン

価格:2,200円
(2021/7/26 14:36時点)
感想(0件)

apt' こども用サイクルグローブ

エーピーティーのこども用サイクルグローブは4サイズの展開がうれしいフルフィンガータイプのグローブです。

アッパーはメッシュ素材で通気性が良いだけでなく、握りやすくもデザインされています。

タイプフルフィンガー
カラーグリーン, ピンク
サイズSS, S, M, L

apt' こども用サイクルグローブ

価格:2,300円
(2021/7/26 14:37時点)
感想(8件)

プロテクター

ヒジとヒザのプロテクターは着用が義務の大会と義務ではない大会があります。

巻いてとめるタイプと履くタイプ、パンツタイプがありますが、ズレ防止のために履くタイプがおすすめ。

履いた上でテープやバンドで下部を留めるとズレによる不快感が減ります。

医療用テープや自転車用の裾バンドなどを使います。

我が家は100円ショップの園芸用ゴムバンドです

apt' キッズランバイク用アームカバー&レッグカバー

エーピーティーのキッズランバイク用アームカバー&レッグカバーは履くタイプのプロテクターです。

ヒジ用とヒザ用が別で販売されています。

サイズ2歳-5歳

ランバイク用アームカバー

価格:1,980円
(2021/7/26 14:41時点)
感想(2件)

ランバイク用レッグカバー

価格:2,480円
(2021/7/26 14:40時点)
感想(1件)

ボディプロテクター

RCS全日本ランバイク選手権シリーズでは2021年から胸部に衝撃吸収効果のあるプロテクターの着用が義務化されました。

ランバイク用ボディプロテクターに限定されていないので、乗馬用やスキー・スノーボード用、BMX用なども使えます。

転倒時の安全性を考えると腰椎までしっかり守れるプロテクターがおすすめです。

KOMINE RSK-900 Protect Kids Vest

バイク用プロテクターを作ってきたコミネはキッズ用のボディプロテクターを2種類展開しています。

なかでもRSK-900はKSサイズが2歳から対応しています。

サイズKS(2歳-6歳), KM(6歳-11歳)

コミネ プロテクトキッズベスト

価格:4,405円
(2021/7/26 14:42時点)
感想(0件)

服装

服装の規定がある大会とない大会がありますが、長袖長ズボンを着用しましょう。

靴下はくるぶしが隠れる長さが必要で、足裏にグリップが付いて滑りにくいものが人気です。

スポーツ用コンプレッションウエアの流行はランバイクキッズにも普及しており、アンダーにコンプレッションウエアを着用している子どももいます。

お尻のかたちが丸出しになってしまうので、女の子は上にスカートを履くケースが多いです。

娘はユニクロのレギンスの上にミニスカートを履きます

タキスダッシュソックス2

価格:2,200円
(2021/7/26 14:44時点)
感想(0件)

靴はつま先やかかとの露出したサンダルは禁止されるケースがほとんどです。

もし禁止されなくてもサンダルでの走行は危険なので、ヒモやベルクロでしめるタイプの靴を用意しましょう。

また、金属製の鋲が付いたスパイクシューズも禁止されている大会がほとんどです。

ハイカットのシューズはホールド性は高いですが足首が硬く蹴りにくいので、ローカットでソールパターンがしっかりしている靴がおすすめです。

アキレス SYUNSOKU SHIELD

スポーツをする子ども向けに作られたアキレスの瞬足シリーズで、ランバイクでの激しい運動も想定したSYUNSOKU SHIELDが発売されました。

以前にもランバイク向けの瞬足はありましたが、さらにアップグレードしています。

ソールが厚めな上にグリップしやすくなっているのがうれしいポイントです。

瞬足 SHIELD

価格:3,550円
(2021/7/26 14:47時点)
感想(0件)

便利アイテム

フィールドアーワンタッチテントに入ろうとする女の子

軽食・おかし

手軽に食べられる手を汚さない食べ物がおすすめです。

我が家はコンビニのパン、カロリーメイト、小分けにされたスナック菓子、個包装されたお菓子、ラムネなどを持っていきます。

ガムやアメはすぐに食べ終わらないのであまりおすすめできません。

ピクニックシート

大会中、競技が行われる前後に待機するピクニックシートを用意しましょう。

厚みのあるものがおすすめですが、はじめは100円ショップに売っているピクニックシートやブルーシートでも大丈夫です。

カート・キャリー

ストライダー大会 カートで荷物を運ぶ女の子

駐車場から大会会場まで少し距離があることが多いので、カートがあると便利です。

特に人気があるのはコールマンのアウトドアワゴンで、少し前はカートを見かけたら大多数が赤のコールマンでした。

いまはさまざまなメーカーでカラフルなカートが発売されており、レジャーや運動会などのイベントでも活躍するのでとても便利です。

我が家でもコールマンのアウトドアワゴンを使っていますが、がんじょうで使いやすいです。

もしいま買うならみんなとは違うカラーにしたい!

コールマン アウトドアワゴン コヨーテブラウン

価格:12,500円
(2021/7/26 14:49時点)
感想(9件)

タープ・テント

ストライダー大会 日よけタープの下に集まる人たち

日差しや雨を避けるタープやテントがあると過ごしやすくなります。

タープやテントが禁止されている大会もあるのでしっかり大会要項を見てから持ち込みましょう。

我が家はFIELDOORのワンタッチテントとタープテントを使っていますが、安いのに高品質だと評判が高いです。

たくさんのカラバリがあるのがうれしいところです

フィールドア タープテント 3m

価格:12,870円
(2021/7/26 14:53時点)
感想(565件)

フィールドア ワンタッチテント

価格:5,280円
(2021/7/26 14:52時点)
感想(5590件)

ベンチ・ディレクターチェア

アウトドアベンチに座ってお菓子を食べるストライダーキッズ

ピクニックシートがあれば待機場所には困りませんが、より快適に過ごすにはベンチやディレクターチェアがおすすめです。

おすすめはバンドックのツインチェア。

価格が抑えられていますが、レビューが多く、高評価となっています。

BUNDOK ツインチェア

価格:2,990円
(2021/7/26 14:54時点)
感想(397件)

夏の装備

夏は暑さに対応できるようクーラーボックスを持っていきましょう。

保冷剤はからだを冷やすのにも使えるジェルタイプがおすすめです。

冷凍可能なパック入りジュースやゼリー飲料も保冷剤の代わりになります。

首からさげるタイプの扇風機・ネックファンは思っている以上に涼しいので、夏の大会で活躍します。

スパイスオブライフのネックファンは子ども用のサイズもあります。

大人用は充電式、子ども用は乾電池式です

冬の装備

屋外はかなり寒いので、スタート前にからだを冷やさないよう、ブランケットがあると便利です。

使い捨てカイロも腰や首に貼ったり、手指を温めるのに役に立ちます。

充電型のモバイルバッテリーにもなるカイロが気になりますが、外国産の謎のメーカーのものは発火の危険性があるので買いたくないなと思います。

信頼できるメーカーで充電式のカイロが出るのを待っているところです。

雨天対策

レインウェアを着て水たまりで遊ぶ女の子

大会の当日は晴ればかりではありません。

さすがに荒天の場合は中止や延期になるのがほとんどですが、多くの大会では雨天決行となっています。

雨の大会で用意したい持ち物をピックアップしました。

レインウエア

カサをさして走るわけにはいかないのでまずはレインウエアを用意しましょう。

ほんの小雨程度なら100円ショップのカッパでも間に合いそうな気がしますが、2歳から5歳の子ども、特に小さな子どもにあうカッパが売っていない場合もあります。

おすすめはアウトドアブランドのしっかりしたレインウエアですが、安くないためなかなか手が出ません。

子どもの衣類はサイズアウトが早いため、メルカリやラクマ、ペイペイフリマなどで状態の良い中古が安く手に入ります。

我が家はメルカリでモンベルのレインウエアを3,000円ほどで手に入れました

小雨程度で待機時の雨よけならポンチョタイプのレインウエアが便利です。

なかでもスケーターのレインポンチョは裾が大きく広がっているので脱ぎ着がしやすく、価格もあまり高くないのでおすすめです。

スケーター キッズレインポンチョ はらぺこあおむし

価格:2,090円
(2021/7/26 14:58時点)
感想(0件)

スタートエリアではぶつかると危ないのでカサは禁止です。

親のレインウエアも忘れずに用意しましょう。

理想はやはりアウトドアメーカーの高級レインウエアですが、100円ショップのカッパでもないよりはマシです。

濡れてもいいやと思うかもしれませんが、想像以上に不快なので気をつけてください。

着替えを持っていても大人は着替える場所にも困ったりします。

かがんだりしゃがんだりすることが多いので、カジメイクの3D縫製のレインウェアが便利です。

カジメイク 3Dブリーズレインスーツ

価格:4,580円
(2021/7/26 14:59時点)
感想(311件)

シャワーキャップ

ほとんどのヘルメットには通気性を高めると同時に軽量化を可能にするベンチレーション(通気孔)が開いています。

ベンチレーションから容赦なく水が入ってくるため、シャワーキャップを用意しましょう。

あまりかっこよくないと思うかもしれませんが見た目よりも機能性が重要です。

100円ショップで売っている、複数枚入ったシャワーキャップでじゅうぶんです。

みんなかぶっているのであまり恥ずかしいとは感じないと思います

替えの靴

靴は間違いなく中までビチョビチョになります。

子どもにとって不快なだけでなく、走りのパフォーマンス低下にもつながるので、替えの靴をレース会場まで持っていきましょう。

長靴はカパカパして走りにくいのであまりおすすめできません。

サンダルや水場用のシューズは禁止されている上、とても危険なので絶対にやめてください。

また、雨がひどいときは子どもだけでなく親の靴もビチョビチョになります。

大人は別にいいかな?と思うかもしれませんが、帰りの運転のことを考えて予備の靴を車内に積んでおくのがベターです。

着替え

レース中は着替えることはできませんが、レース後はすみやかに着替えたいものです。

肌着や靴下まで大人の分も忘れずに持っていきましょう。

タオル・ぞうきん

何枚あっても困らないのはタオルです。

顔や手、からだを拭くのにタオルを数枚用意しましょう。

ぞうきんはタイヤやスタート台のアルミパネルをふくのに役に立ちます。

防水スマホケース

家族やレース仲間との連絡手段のほか、カメラでの記録にもスマートフォンは必須です。

100円ショップのものでじゅうぶんなので、防水のスマホケースを用意しておきましょう。

ゴミ袋

濡れたものを入れるのにはまだ使っていないゴミ袋が最適です。

大きいものならレインウエアもすっぽりと入るし、着替えでもなんでもまとめて入れておけば車内はあまり濡れずにすみます。

何枚あっても場所を取らないし、しっかり乾かせば本来の用途で使えます。

旅行でもなんでも新品のポリ袋を持ち歩くととても便利です

まとめ

RCS全日本ランバイク選手権シリーズ2歳クラス 東京サマーランド第二駐車場

大会について細かくチェックしてきましたが、挑む準備はできたでしょうか。

我が家もはじめは右も左もわからない状態で大会に出てしまいましたが、そこには思っていた以上にワクワクとドキドキがありました。

大会では毎戦ごとにほかでは得られない経験ができ、子どもだけでなく親も大きく成長できていると感じます。

少しでも多くの家族にこの経験をしてもらいたい、そしてこの楽しさを知ってほしい、そう思っています。

レースやイベント具体的な日程はこのサイトのトップページでチェックできます。

コドモバイク | HOME | 2021大会&イベント情報一覧

大会に出場するならストライダープロがおすすめです

ストライダーPRO

価格:23,100円
(2021/7/26 14:10時点)
感想(113件)


新色登場!

2021冬のムラサキスポーツ限定カラー 数量限定

ストライダークリスマスキャンペーン対象商品!

ポケットストライダーもついてくる!
¥15,950 (2021/11/22 17:31時点 | 楽天市場調べ)

楽天市場ピックアップアイテム

カラバリ豊富で80サイズから160サイズまで揃っています

単品注文でも送料無料
¥2,446 (2021/11/22 16:45時点 | 楽天市場調べ)

親子コーデのできるスウェット、裏起毛じゃないのがうれしい!

3,980円以上で送料無料!
¥990 (2021/11/22 16:59時点 | 楽天市場調べ)
  • この記事を書いた人

渡部ルミ

2017年生まれ女の子の母親です。家族一丸となってストライダー・ランバイク・自転車に取り組んでおり、その経験や知識をもとに記事を構成しています。

-イベント・大会
-, , , , , ,