イベント・大会 ブログ

【出場してみた】とちキッズCUP in 井頭公園

とちキッズカップin井頭公園 5歳クラス予選

2022年4月16日。

新年度一発目のとちキッズCUPが栃木県真岡市の井頭公園で開催されました。

栃木県民限定大会のとちキッズCUP。

ストライダー・ランバイクレースのシリーズ戦となっており、栃木県内の子どもたちがとても楽しみにしている大会です。

午前中に4歳&5歳クラス、間に小学生の卒業イベントレース、午後に2歳&3歳というスケジュールでレースが進行されました。

5歳クラス参戦

我が家では娘・あみが5歳クラスに出場。

1月生まれなのであまり有利でない月齢ですが、そんなこと気にせずレースを楽しんでほしいところです。

前日夜に「あした走りたくない。ゆいほちゃんに勝てないから」と言っていたあみ。

とちキッズCUPは前回優勝した思い出が強く心に刻まれているので、とても楽しみにしていたはずなのに。

負けずぎらいですが、勝てないとなると放棄してしまうタイプなので、ちょっと心配ではありました。

大会当日。走りたくないと言っていたことは忘れたようで、それ以上にゆいほちゃんをはじめとしたお友だちに会うことが楽しみな様子。

まずは安心して会場入りしました。

ストライダー大会 とちキッズカップ4歳クラス

会場ではすでに4歳クラスが行われていました。

赤いTシャツのチームメイトも多数出場しており、応援にも力が入ります。

前回同様に学生さんの動画チームが大きな機材を持って撮影していました。

ストライダー大会とちキッズカップ 4歳クラス

驚いたのはコースの長さ。

芝のロングコースです。5歳クラス前にコース変更がなされ、さらに距離が長くなるという話。

ふつうの男の子だったら屁でもない長さかもしれませんが、体力なさすぎ女子のあみにはかなりキツそうです。

前日雨だったのでぬかるみを心配しましたが、それはあまり影響がない模様。

みんなしっかり芝を蹴り込んでいました。

ストライダー大会のとちキッズカップ 試乗エリアをはしる女の子

あみは足ならしのために試乗エリアへ。

障害物が設けられたコースをぐるぐると回ります。

今回は少し長い距離のウォームアップコースもありました。

ストライダー大会のとちキッズカップ 4歳クラス

さて、あみはお父さんにまかせてわたしは撮影に。

会場内はMCの小林さんがテンポ良くレースを進行していきます。

スタートはシグナル音ではなく、MCの「レディ・セット・GO!」を採用。

これは本家ストライダーカップの掛け声といっしょです。

ストライダー大会のとちキッズカップ 4歳クラス

今回のコースはスタートからファーストコーナーまでがめちゃくちゃ短いので、スタートの反応が超重要。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で感覚を開けてのスタートなので、アウト側はすごくがんばらないと第一コーナーでホールショットをとれません。

ストライダー大会のとちキッズカップ 4歳クラス

そして長い長い長ーいストレートが待ち受けます。

当然スタミナのある男の子のほうが有利なのですが、女の子も負けじと食らいついていきます。

ストライダー大会のとちキッズカップ 決勝チャレンジクラス

応援と撮影に夢中になっているうちに予備予選、本予選が終わり、4歳チャレンジクラス決勝となりました。

チャレンジレース、女子決勝、決勝の順でレースは進行。

ストライダー大会のとちキッズカップ 4歳クラス決勝チャレンジクラス

桜舞い散る中、ライダーたちは前へ前へと蹴り進みます。

ストライダー大会のとちキッズカップ 4歳女子決勝

女子決勝も抜きつ抜かれつの熱い戦い。

観客も大いに盛り上がります。

我が家ではストライダーカップで購入したカウベルを持って応援しました。

ストライダー大会のとちキッズカップ 4歳決勝

そして4歳男子決勝。

スタートの反応が良く、飛び出したのはたいが選手。

ストライダー大会のとちキッズカップ 4歳男子決勝

超絶不利なアウト側スタートながら、圧倒的な脚力で第一コーナー・ホールショットを奪います。

そのままたいが選手が抜かれることなくゴールへと突き進み、小山大会4歳Aクラスに続いて優勝を手にしました。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス 試走

4歳クラスに続いては5歳クラス。

受付の後に試走の時間があり、コースを走ることができます。

長いコースなので走りすぎると体力を消耗してしまう可能性大。

あみは張り切って走っていますが、母は心配でなりません。

丈の長めのスカパンを履いているのでタイヤが当たりまくっているのも気になる……。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス ブリーフィング

試走のあと、レース前のブリーフィングではレースの進行についてや注意事項などが伝えられます。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス予備予選

そして5歳クラス、予備予選が始まりました。

本予選のヒートごとの実力差をならすため、本予選の前に予備予選が1レース行われます。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス予備予選

ここでは大好きなゆいほちゃんが1位。

それを大興奮で応援するあみ。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス予備予選

別のヒートではPAPABIKEをあやつるゆうしん選手が気を吐きます。

MCの小林さんは「とちキッズでPAPABIKEを見れる日が来るとは!」と驚いていました。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス予備予選

続くヒートでは前回大会の4歳Bクラスで優勝したかえで選手がスタートから先行。

第一コーナーを過ぎたあとはすでに独走状態で後続の選手をまったく寄せ付けません。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳男子予備予選

走る勢いだけでなく気迫もすごかった!

完全に一人旅でレースを制しました。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス予備予選

そしてあみも予備予選に登場。

出走拒否の気配は見せず、スタートはまずまず。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス予備予選

芝をしっかり蹴り進んでホールショットをゲット。

女子は全員が女子決勝へ進むので、とにかく消耗しないでくれよと祈るばかり。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス 予備予選

長い長い心臓破りのロングストレートも軽快にトップで進みます。

いい感じ。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス予備予選

今度はゆいほちゃんがあみを応援してくれています。

声援を受けてどんどん突き進みます。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス予備予選

最後まで追いつかれることなく走りきり、1位で予備予選を終えました。

予選だろうがなんだろうが1位はうれしい!

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳本予選

予備予選が終わると次は本予選。

男の子はここで男子1位にならないと決勝へは進めません。

あみはチームメイトと顔を見合わせながらスタート。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス本予選

ほかのライダーが隣に並ぶと気になって仕方ない様子。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス 本予選

そんなこんなでゆう選手に抜かれます。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス本予選

コーナーで抜き返して先行するも。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス本予選

スタミナ切れ……。

心臓破りのロングストレートに入るころには2人に抜かれ。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス本予選

ついには最後尾に。

それでもあみはレースを投げ出さずに最後まで走りきりました。

えらい、えらいぞー。走りきったのがえらい!と母は思いました。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラスチャレンジレース

レースは続き、いよいよ決勝です。

まずはチャレンジレース。

気迫のこもった走りに応援の手も熱くなります。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳女子決勝

そして女子決勝。

スタミナ切れを心配していましたが、やはり短時間では回復しなかった模様。

脚が鈍く、前に出られません。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳女子決勝

そんな中、ゆいほ選手はどんどん前に進み、二番手をまったく寄せ付けない走り。

ぐんぐんと差をつけていきます。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳女子決勝

長い長い心臓破りのストレートでかなり差をつけられての単独最後尾。

とにかく最後まで走りきってくれと応援します。

順位はもちろん重要ですが、それ以上に自分との戦いに打ち克つことがたいせつ。

がんばれー。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳女子決勝

ゆいほ選手が最終コーナーを抜けたころ、あみは4コーナーも手前にいました。

懸命に、ヘロヘロになりながらも一歩ずつ進みます。

ハンドル、スゴいところ持ってるなー……。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳女子決勝

ほかの選手に大きく差をつけられながらも懸命に走り、泣かずにゴールまでたどり着けました。

負けずぎらいをこじらせて、「勝てないならやらない」ことが多いあみにとってはつらい時間だったかもしれません。

それでも走りきれた。

これが大きな成長のきっかけとなったらいいな、と思った母でした。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳男子決勝

さぁ、続いては5歳クラス男子決勝です。

予備予選、本予選でも圧倒的な速さを見せたかえで選手が先行。

ゆうしん選手があとを追います。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳男子決勝

かえで選手・ROCKFISHとゆうしん選手・PAPABIKE。

いずれもハイスペックなカーボンマシン。

マシンだけでなく、乗り手の技術や体力があってこそのハイレベルな戦いです。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳クラス男子決勝

かえで選手が心臓破りのストレートをどんどん突き進みます。

ストライダー大会のとちキッズカップ 5歳男子決勝

低い前傾姿勢を保ったまま突き進むかえで選手が5歳クラスを制しました。

あのポジションで最後まで走り切る脚力・スタミナは、とても5歳なりたてとは思えない!

どの選手もすばらしいパフォーマンスですべて走りきり、元気な姿でゴールできました。

シャボン玉で遊ぶ女の子

参加賞はシャボン玉。

キツいレースのあとでもこの笑顔を見ることができて安心した母なのでした。

とちキッズCUP in 井頭公園 入賞者

2歳クラス男子

1位 すずきやまと
2位 よこつかひろと
3位 たさきりょうや

2歳クラス女子

1位 うえなかちな
2位 のざわえみか
3位 みかみたまみ

3歳Aクラス男子

1位 のぐちかんた
2位 あべいせい
3位 すぎやまりっか

3歳Bクラス男子

1位 かわかみたいが
2位 こだとぜんじ
3位 あかばねすばる

3歳Bクラス女子

1位 もりゆずき
2位 もりたさつき

4歳クラス男子

1位 すずきたいが
2位 ひらたそう
3位 たかなしこうた

4歳クラス女子

1位 おまたまいか
2位 にしかわさえ
3位 おまたれいか

5歳クラス男子

1位 ほそのかえで
2位 かっさいゆうしん
3位 いいだはると

5歳クラス女子

1位 ささきゆいほ
2位 あんざいことの
3位 ますひろみく

オープンクラス

とちキッズを卒業した小学校1年生から3年生のおにいさん・おねえさんがオープンクラスに参加しました。

コロナ禍にあって卒業セレモニーができなかったので、全員にメダルの授与が行われました。

レースでは順位をつけておらず、全員表彰です。

ますぶちそうた

たなかそうすけ

ますひろめい

さいとうしゅんたろう

あきやままゆか

おまたしょうま

なおいれん

2021年秋に行われたとちキッズCUP小山大会の模様はこちらをご覧ください。

【出場してみた】とちキッズCUP in おやま


PICK UP

2021年3月 KEENからストライダー用シューズが新発売!

5色展開
¥6,050 (2022/03/28 14:08時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ明日まで/
Amazon

2021年3月 ストライダー用シューズがリニューアル

2色展開!
¥4,950 (2022/03/28 14:13時点 | 楽天市場調べ)

2022年1月21日 新色ストライダー発売開始!

全世界1,000台限定
¥100,100 (2022/02/04 14:54時点 | 楽天市場調べ)

Amazonおトク情報

Amazonギフト券ならキャッシュでチャージするとポイントが貯まります

アマゾンギフトカード割引表
  • この記事を書いた人

わたなべるみ

2017年生まれ女の子の母親です。家族一丸となってストライダー・ランバイク・自転車に取り組んでおり、その経験や知識をもとに記事を構成しています。実際に使っているからこそ書けるレビュー記事にご注目ください。

-イベント・大会, ブログ