キックバイク選び

ストライダーはどこで買う?通販・販売店を徹底解説!

ストライダーと女の子

「ストライダーはどこで買うのがいいんだろう?」

そんなお悩みを解決するために、通販、街の販売店を徹底的に解説します。

我が家はストライダースポーツモデルを通販・楽天市場で、ストライダーST-Rを通販・楽天市場で、ストライダー14xを街の販売店・セオサイクル宇都宮店で購入しました。

いま考えるとこれは大正解でした。

組み立てがかんたんでめったに壊れない12インチストライダーは通販、乗り出し前や定期的なメンテナンスが必要なストライダー14xは街の販売店がおすすめ

それではここでその理由を考えていきましょう。

日本正規代理店ストライダージャパンを通して正規販売店で購入するのが基本です

その前にストライダーにはどんな種類があるかチェックしたい場合にはこちらのページをご覧ください。

ストライダーはどの種類をどこで買う?正しい選び方のポイントをチェック!

我が家の1台目はオレンジのストライダースポーツモデル!

ストライダージャパン
¥16,940 (2022/07/01 17:22時点 | 楽天市場調べ)
\最大5.5倍ブラックフライデー最終日/
Amazon

2022年11月18日、ストライダー ムラサキスポーツコラボモデルに限定カラーが登場!

数量限定のレアモデル!
¥18,700 (2022/11/12 20:17時点 | 楽天市場調べ)

通販で買う

ストライダーの組み立て

ストライダーの中でも12インチのふつうのストライダーはママにもかんたんに組み立てられるシンプルな構造です。

自分で組み立てられるなら、送料無料な上ポイントが付いておトクな通販で買うのがオススメ

通販でしか購入できないコラボモデルもあります。

楽天市場

楽天市場のショップ、『ストライダージャパン』は、日本正規代理店ストライダージャパンの公式ショップです。

直売なので間違いなく正規品が手に入ります。

楽天市場ではポイント還元がありますが、セールのときにはポイントの倍付けも。

もちろんストライダーもポイント倍付けの対象になるので、スーパーセールやお買い物マラソンでの購入がおトクです。

楽天カードをまだ持っていない場合には楽天カードを作って新規入会ポイントで実質負担を減らすのもオススメ。

\カードが届けばすぐ使える!/

コラボモデルのセーブ・ザ・チルドレンモデルも手に入ります

ストライダージャパン
¥18,040 (2022/07/01 17:26時点 | 楽天市場調べ)

ムラサキスポーツ(楽天市場・ペイペイモール)

楽天市場とペイペイモールにあるムラサキスポーツではムラサキスポーツ限定のストライダーが手に入ります。

毎年クリスマス商戦に投入されるムラサキスポーツ別注モデルは、みんなと差をつけたいおしゃれなパパママに超人気。

毎年売り切れが早いので、検討するなら早めの行動が吉でしょう。

ストライダープロを検討しているなら、まだ完売していないムラスポカラーも注目が必須。

二度の価格改定を乗り越えているので、標準カラーよりも2,200円も安く購入できます。

さらには楽天スーパーディールで10%ポイントバックとなっていることも。

期間限定の還元となりますが、チェックは必須です。

通販ではムラサキスポーツ限定の商品しか手に入りませんが、もちろんどれも正規品です

2,200円安い上にポイント還元があることも
¥22,550 (2022/07/01 17:23時点 | 楽天市場調べ)

Amazon

Amazonで販売されているストライダーで『日本正規品』と明記されているものは日本正規代理店ストライダージャパンを通した正規品です。

お急ぎ便を使えば即日入手することも可能。

プライムデーやタイムセール祭りで併催される、ポイントが多くつくキャンペーンを使えばおトクに購入できます。

そのほか、アマゾンチャージでポイントが多くつくので、購入前にチャージするのがオススメ。

アマゾンギフトカード割引表
ストライダージャパン
¥16,940 (2022/07/01 17:23時点 | 楽天市場調べ)
\最大5.5倍ブラックフライデー最終日/
Amazon

公式ショップ

日本正規代理店ストライダージャパンでも独自の公式ストアを展開しています。

セーブ・ザ・チルドレンモデルも購入可能。

公式ストアで買うメリットは保証期間の延長があります。

通常は2年保証ですが、公式ストアでの購入なら3年保証に。

とはいえ、ほとんど壊れることのないストライダー。

ポイントが付かない公式ストアでの購入はメリットが薄いでしょう。

店舗で買う

箱に入ったストライダー14x

試乗してから買いたいなら、ぜひ街の販売店に足を運んでみましょう。

また、ストライダー14xの購入は通販ではなく実店舗から行いたいところ。

組み立てやペダルの脱着をしてもらえるのはもちろん、メンテナンスも重要です。

ストライダー14xを自転車として使用するにはチェーンの張りやブレーキの強弱などの調整が必要。

とくに自転車店の場合にはメンテナンスや調整に長けています。

正規品の取扱店は以下のページから確認できます。

セオサイクル宇都宮店

セオサイクル宇都宮店外観

我が家でストライダー14xを購入したのはセオサイクル宇都宮店。

いわゆる街の自転車屋さんです。

12インチストライダーはもちろん、ロッキングストライダーやストライダー14xの試乗もできます。

ストライダー14xはランニングバイクモードとペダルバイクモードの両方が用意されているので、ぜひとも試乗してから購入を決めてください。

組み立てしたもらったときにしっかり調整をしてもらい、その後もメンテナンスで利用しています。

買ったときのままではチェーンがパンパンに張っていたので、調整してもらえてよかったと思っています。

セオサイクル宇都宮店でストライダー14xを購入した際のレポートはこちら。

【買ってみた】ストライダー14xをセオサイクル宇都宮店で購入!

サイクルベースあさひで株主優待券を使う

自転車専門店のサイクルベースあさひでもストライダーの取り扱いがある店舗があります。

サイクルベースあさひの株主優待は商品券方式。

店頭での購入時に株主優待券を使用できます。

ストライダーのために株を買うというのは難しいので、メルカリで株主優待券を探すのも1つの手かもしれません。

ムラサキスポーツでクーポンを使う

街のムラサキスポーツでも正規品のストライダーの取り扱いがあります。

通販のムラサキスポーツショップでは別注の限定カラーしか販売がありませんが、街のムラサキスポーツでは各カラーそろっており、試乗しての購入が可能

ロッキングストライダーとストライダー14xは試乗できる店舗とできない店舗があるので確認が必要です。

通販のところでも書いたとおり、ムラスポ限定カラーは人気が高いので早めの決断をすると良いでしょう。

また、限定のパールブラックは通常のストライダープロよりも安いのでねらい目。

ムラサキスポーツでは独自のポイントシステムがあるほか、LINEの友だちになると500円の割引クーポンが発行されます。

購入には注意が必要な場合

横流し・並行輸入

一部の通販サイトには定価より高額で販売されている横流し品・並行輸入品が一部あります。

楽天とAmazon、ストライダー公式以外の通販には要注意。

正規品と書いてあっても横流しで価格がぼったくりの場合も

並行輸入が安かったのも円高の時期だけ。

現在の円安ではむしろ割高になる可能性が高いはずです。

正規店以外での購入は正しい価格を把握してから検討しましょう。

中古

ストライダーは壊れにくい、がんじょうな作りなので、中古品をねらうのも1つの手です。

まずはストライダーの各モデルの特徴を知り、どのモデルで適正な相場はいくらなのかを把握することが重要

中古品を購入する場合のポイントをチェックした記事がありますので、一読してからの購入をオススメします。

まとめ

12インチストライダーなら通販、試乗したいなら実店舗、ストライダー14xも実店舗がオススメです。

どこで買っても楽しいのがストライダー。

組み立てや調整、メンテナンスといったポイントを押さえて買うのが賢い消費行動となりそうです。

イチバン人気はストライダースポーツモデル!

ストライダージャパン
¥16,940 (2022/07/01 17:22時点 | 楽天市場調べ)
\最大5.5倍ブラックフライデー最終日/
Amazon

PICK UP

2022年11月18日発売!毎年人気のムラサキストライダーコラボモデル!

数量限定のレアモデル!
¥18,700 (2022/11/12 20:17時点 | 楽天市場調べ)

2021年3月 KEENからストライダー用シューズが新発売!

5色展開
¥6,050 (2022/03/28 14:08時点 | Amazon調べ)
\最大5.5倍ブラックフライデー最終日/
Amazon

2021年3月 ストライダー用シューズがリニューアル

2色展開!
¥4,950 (2022/03/28 14:13時点 | 楽天市場調べ)

2022年1月21日 新色ストライダー発売開始!

全世界1,000台限定
¥100,100 (2022/02/04 14:54時点 | 楽天市場調べ)

Amazonおトク情報

Amazonギフト券ならキャッシュでチャージするとポイントが貯まります

アマゾンギフトカード割引表
  • この記事を書いた人

わたなべるみ

2017年生まれ女の子の母親です。家族一丸となってストライダー・ランバイク・自転車に取り組んでおり、その経験や知識をもとに記事を構成しています。実際に使っているからこそ書けるレビュー記事にご注目ください。

-キックバイク選び