キックバイク選び レビュー

【乗ってみた】ストライダースポーツモデル!キックバイクで迷う人へのおすすめNo.1!

ストライダースポーツモデルの練習をする女の子

我が家は娘が1歳7か月のときにストライダースポーツモデルのオレンジを買いました。

ストライダーを買ったときはストライダーST-Rとストライダー14xがまだ発売されていなかったので、ストライダースポーツモデルとストライダークラシックモデル、ストライダーPROの三択でした。

1歳半ではなく1歳7か月だったのはそんなに早くからストライダーに乗れると思っていなかったからです。

ストライダーは2歳からだと思っていました。

1歳の誕生日にストライダーを買い与えていた友人を「気が早いよ!」と言っていたくらいです。

ストライダースポーツモデルに乗る1歳7か月の女の子

ストライダージャパンがストライダーの対象年齢を2歳から1歳半に引き下げたのは2018年7月18日のことで、わたしがそのことを知ったのは約ひと月後でした。

そしてベイビーバンドルの発売は2018年10月、娘がストライダースポーツモデルを買ったあとでした。

娘が生まれたころにはすでにロッキングベース単体での販売があったようなのですが、わたしはその存在を知りませんでした。

なんだか知らなかったことばかりで情報にうとかったなぁと思ったりもするのですが。

ストライダースポーツモデルに乗る1歳7か月の女の子

ストライダーを買うときにどれがどう違うのかわかりにくくてけっこう迷ったので、いままさに迷っている方の手助けになればいいなと思っています。

というわけで、ここではストライダースポーツモデルの特徴を整理しながら、実際の使用感を述べていきます。

ストライダー全モデルについての紹介はこちらのページをご覧ください。

ストライダーはどの種類をどこで買う?3台乗り継いでわかった正しい選び方のポイント

ストライダージャパン
¥14,850 (2021/11/22 21:21時点 | 楽天市場調べ)
\ブラックフライデーPアップ/
Amazon

特徴

ストライダースポーツモデルオレンジ

それではさっそくストライダースポーツモデルの特徴をチェックしていきましょう。

特に注目していただきたいのはハンドルグリップです。

細いハンドルグリップ

ストライダーのハンドルグリップの違い

ストライダースポーツモデルはハンドルグリップがクラシックモデルよりも細く設計されています。

スポーツモデルはハンドルバーの径が13mmでハンドルグリップの径が22mm。

クラシックモデルはハンドルバーの径が22mmでハンドルグリップの径が27mm。

クラシックモデルはストライダーの発売開始からのモデルを継承しており、スポーツモデルはクラシックモデルの改良版です。

ストライダースポーツモデルに乗る1歳7か月の女の子

クラシックモデルのハンドルバーやハンドルグリップは大人用自転車のパーツを流用したものなので大人サイズです。

大人の手よりずっと小さな子どもの手に大人規格のハンドルグリップがフィットするはずがありません。

ストライダーに乗り始めるのが早い子どもほどストライダースポーツモデルがおすすめです。

ハンドルバーパッド

ストライダースポーツモデルに乗る1歳の女の子

ストライダースポーツモデルにはハンドルバーにウレタン製のパッドが付属します。

クッション性が高く、転倒時の衝撃をやわらげます。

あってもなくてもいいようなパーツではありますが、あればあったでちょっとだけ安心できるかもしれません。

スポーツモデルとクラシックモデルではハンドルバーの太さが違うので、スポーツモデルのハンドルバーパッドをクラシックモデルに流用することはできません。

クッション性が高いサドル(シート)

ストライダースポーツモデルにはクッション性の高いサドルが採用されています。

クラシックモデルとの違いでこのサドルの材質の差がよく取り上げられていますが、正直どっちでもいいと思います。

乗り心地が格段に向上!と言いますが、何時間も乗るわけでもないのでおしりが痛くなるならないはそんなに差がなさそうです。

蹴る力を重視するレースシーンではみなサドルをカスタムしており、より細く、後ろに蹴り出しやすい形状のタイプが好まれます。

2つのシートポスト

ストライダースポーツモデルには4歳・5歳用のXLシートポストが標準で付属します。

XLシートポストは長く乗るには必須です。

ストライダークラシックモデルには付属しませんが、別売の純正品やカラーバリエーションが豊富な社外品もあります。

レースシーンではカーボンやアルミが好まれます。

ストライダースポーツモデルは2本のシートポストが付属するので、高さ調整が285mmから475mmまで大きく伸縮できます

他社のキックバイクではここまで高く調整できるものは多くありません。

なお、長い方のシートポストを低く調整すると、フレームの下からシートポストが長く伸びることになります。

下に大きく突き出ると段差に引っかかるので注意が必要です。

すぐに高さ調整できるクランプ

ストライダースポーツモデルクイックリリース式クランプ

ストライダースポーツモデルはハンドルとサドルの高さ調整にクイックリリース式のクランプを採用しています。

これはかんたんに高さを調整できるシステムで、工具なしでどこでもいつでもすぐにゆるめたり締めたりできます

スッカスカにゆるくなって固定できないという場合にはいったん開放し、受け側を手でくるくる回して締めることができます。

逆にきつくて締まらないときも受け側で調整できます。

クラシックモデルはサドル高の調整はスポーツモデルと同じクイックリリース式ですが、ハンドルの高さ調整は工具が必要です。

とはいえ、ハンドルの高さはいちばん低いところのままで動かすことがないので、クイックリリース式である必要はあまりないと言えます。

サドル高は年がら年中変えることになるので、クイックリリース式は便利です。

フットステップ

ストライダースポーツモデルのフットステップ

ストライダースポーツモデルにはプラスチック製のフットステップが標準装備されています。

フラットですべりにくいので、立ち乗りやトリックをするときなどに便利らしいです。

正直、あってもなくてもどっちでもいいかなという感想です。

クラシックモデルはクラシックモデルでザラザラの滑り止めが付いているのでそこまでの差はないと思います。

軽量なプラスチックホイール&EVAタイヤ

ストライダースポーツモデルのプラスチックホイールとEVAタイヤ

ストライダースポーツモデルのホイールはプラスチック製で、タイヤはEVAポリマーという発泡プラスチックです。

プラスチックホイールとEVAタイヤは軽量でパンクしないのがウリですが、それ以上のメリットは価格が抑えられるという点だと思います。

衝撃吸収性や走破性はどうやってもゴムタイヤに劣ります。

レースのためのカスタムではまずはじめにホイールとタイヤに手を付けることが多いです。

ストライダースポーツモデル、クラシックモデル、PRO、いずれも同じホイール&タイヤで、一部のモデルだけカラーリングが異なります。

カラーバリエーション

ストライダースポーツは現在は7色が展開されています。

海外ではマットグレイのスポーツモデルが発表されているので、日本でマットグレイの販売が始まるのは時間の問題かと思います。

コラボモデルがマットグレイなので、コラボモデルが完売になってから日本に入れるのかもしれません。

ストライダーのコラボモデルとカラーバリエーションについて考察したページがありますので、色で悩んだらこちらをご覧ください。

ストライダー何色にする?コラボモデル・限定色紹介&人気カラーランキング2021

ストライダーとは

セオサイクル宇都宮店

『ストライダー』という言葉が一般名称化していますが、ストライダーは商標です。

商標なのですが一般名詞よりも世間に認知され、ペダルのない自転車、キックバイク全般を『ストライダー』と呼ぶことが多くなりました。

ストライダーと同様に一般名詞のように扱われる商標には『宅急便』(宅配便)、『バンドエイド』(応急絆創膏)、『万歩計』(歩数計)などがあります。

それだけストライダーの認知度は高く、また、日本のキックバイク市場におけるストライダーのシェアは圧倒的に高いです。

ストライダースポーツモデルの整備中

ストライダーは世界75か国で展開され、2007年のデビュー以来これまでに300万台の売り上げを誇っています。

ストライダージャパンでは世界『25ヶ国』って書いてありますが、アメリカのストライダーでは『over 75 countries』とあります。

ストライダージャパンではストライダーのことをランニングバイクと呼び、アメリカのストライダーではストライダーのことをバランスバイクと呼んでいます。

これは日本ではラングスジャパンが『バランスバイク』の商標登録をしており、商品を展開しているからだと思われます。

これからもたぶん『宅急便』とおなじ感覚で『ストライダー』と呼ばれ続けると思います。

ストライダークラシックモデル/PROとの違い

ストライダーに乗る子どもたち

ストライダースポーツモデルとストライダークラシックモデル、ストライダーPROとの違いを表にまとめました。

スポーツモデルクラシックモデルPRO
ボディ素材スチールスポーツと同じアルミ
ハンドルグリップ径22mm27mmスポーツと同じ
ハンドルバーパッドありなしスポーツと同じ
サドル(シート)クッション性がある硬質プラスチックスポーツと同じ
サドル高さ調整クイックリリース式クランプスポーツと同じスポーツと同じ
サドル高285mm-475mm300mm-410mm300mm-520mm
シートポスト標準とXLの2本標準のみスポーツと同じ
フットステップありなし(滑り止めあり)スポーツと同じ
ホイールプラスチック製スポーツと同じスポーツと同じ
ストライダージャパン
¥11,990 (2021/11/23 08:55時点 | 楽天市場調べ)
\ブラックフライデーPアップ/
Amazon
ストライダージャパン
¥23,100 (2021/11/22 14:59時点 | 楽天市場調べ)
\ブラックフライデーPアップ/
Amazon

ストライダーベイビーバンドルとの違い

ストライダーベイビーバンドルスポーツモデルにバンドルされているストライダースポーツモデルは、一般に販売されているスポーツモデルと全く同じものです。

ストライダーロッキングベースと通常のストライダースポーツモデルがセットになって販売されているのがベイビーバンドルです。

赤ちゃんでベイビーバンドルを購入した場合は成長してから新たに買い換える必要はなく、ロッキングベースから外して5歳まで乗り続けることができます。

スポーツモデル単体とロッキングベース単体を分けて買うよりもベイビーバンドルのほうが安いです。

0歳から乗れます
¥21,780 (2021/11/22 15:20時点 | 楽天市場調べ)
\ブラックフライデーPアップ/
Amazon

ストライダーST-Rとの違い

ストライダースポーツモデルとストライダーST-Rはホイールサイズが12インチという点では共通ですが、ボディ、タイヤ、シート、ハンドル、全てにおいて全く異なる設計がなされています。

とにかく全部が違う、全くの新設計です。

ストライダージャパン
¥100,100 (2021/11/26 17:59時点 | 楽天市場調べ)
\ブラックフライデーPアップ/
Amazon

ストライダー14xとの違い

ストライダースポーツモデルとストライダー14xはボディ、タイヤ、シート、ハンドル、全てにおいて全く異なる設計がなされています。

ホイールサイズが違うだけでなく、フレームもイチから設計されています。

ストライダージャパン
¥26,950 (2021/11/23 07:59時点 | 楽天市場調べ)
\ブラックフライデーPアップ/
Amazon

どこで買う?

ラッピングされたストライダーの箱に座る女の子

ストライダースポーツモデルは組み立てが簡単でメンテナンスもほとんどいらないので、通販での購入がおすすめです。

通販なら保証期間が長くなったり、ポイントが付いたりとおトクな点が多いからです。

  • ストライダー公式オンラインストア
  • 楽天市場のストライダージャパン
  • Amazon

でストライダージャパンの正規品が購入できます。

また、ムラサキスポーツ限定モデルは

  • ムラサキスポーツ公式通販
  • 楽天市場のムラサキスポーツ
  • ペイペイモールのムラサキスポーツ

で購入できます。

ストライダースポーツモデルに乗る1歳の女の子

ストライダースポーツモデルはふつうに乗るならポイントがいちばん多く付く楽天市場のストライダージャパンがおすすめです。

ストライダー公式オンラインストアでは通常2年保証のところが3年保証になりますので、ポイントよりも保証!という方におすすめです。

Amazonではギフト券をチャージして購入するとより多くのポイントが付くので、楽天の買いまわりを待たずにいますぐ買いたい場合におすすめです。

わたしは楽天市場でストライダースポーツモデルを購入しました。

実は街の販売店で購入しようとしていたのですが、楽天のストライダージャパンでは保証が2年だ、ということを知って楽天にしました。

お盆の時期だったので特に買い回りセールなどはやっていませんでしたが、保証が長くなるから、という理由で決めました。

ストライダーに乗る2歳の女の子

実は、ストライダーは正規販売店ならどこで買っても2年保証なので、わたしは通販だけの特典で2年に延長と思い込んだだけでした。

街の販売店で購入したストライダーも保証は2年です。

我が家がストライダースポーツモデルを購入したよりも後にストライダー公式オンラインストアがオープンし、公式オンラインストア限定で保証が3年に延長されました。

2年3年ではよっぽどでないと壊れないと思います。

公式楽天Amazonムラサキスポーツ
送料無料無料無料無料
保証期間3年2年2年2年
セーブ・ザ・チルドレンありあり
通常モデルありあり一部なし
ムラスポ限定あり
ポイントありありあり

まとめ

ストライダーの練習をする1歳の女の子

ストライダースポーツモデルははじめてのストライダーに最適な逸品です。

クラシックモデルと迷ったらスポーツモデルにしたほうが間違いないです。

PROと迷ったらレースを視野に入れているかどうかとおサイフ事情によって選びましょう。

おサイフに余裕があるならメタリックなルックスのためにPROを選ぶのもアリだと思います。

サドル高が高い以外はストライダーPROはスポーツモデルの上位互換です。

今なら生後8か月でストライダーベイビーバンドルスポーツモデルを購入し、小さなうちからストライダーに親しむのがおすすめです。

わたしもロッキングベースの存在を知っていたらもっと早くにストライダーを買っていたのにな、と思います。

ストライダー全モデルについてもっと深く知りたい場合はこちらのページをご覧ください。

ストライダーはどの種類をどこで買う?3台乗り継いでわかった正しい選び方のポイント

今回ご紹介したストライダースポーツモデルはこちら

ストライダージャパン
¥14,850 (2021/11/22 21:21時点 | 楽天市場調べ)
\ブラックフライデーPアップ/
Amazon

新色登場!

2021冬のムラサキスポーツ限定カラー 数量限定

ストライダークリスマスキャンペーン対象商品!

ポケットストライダーもついてくる!
¥15,950 (2021/11/22 17:31時点 | 楽天市場調べ)

楽天市場ピックアップアイテム

カラバリ豊富で80サイズから160サイズまで揃っています

単品注文でも送料無料
¥2,446 (2021/11/22 16:45時点 | 楽天市場調べ)

親子コーデのできるスウェット、裏起毛じゃないのがうれしい!

3,980円以上で送料無料!
¥990 (2021/11/22 16:59時点 | 楽天市場調べ)
  • この記事を書いた人

渡部ルミ

2017年生まれ女の子の母親です。家族一丸となってストライダー・ランバイク・自転車に取り組んでおり、その経験や知識をもとに記事を構成しています。

-キックバイク選び, レビュー
-, , , , , ,