キックバイク選び

3歳のストライダー・キックバイクおすすめ5選!

1歳半や2歳からが対象年齢のキックバイクは、3歳ではじめるのでは遅いのではないか? と思うかもしれません。

実は、対象年齢が3歳からとなっているキックバイクも多くあり、1歳・2歳のときに比べて、選べるモデルが増えています。

1歳・2歳のときよりも体幹がしっかりしているので、バランスをとって安定して走ることができ、より楽しさを実感できるはず。

3歳という年齢はキックバイクデビューするには決して遅くありません

ストライダープロに乗る女の子

楽しくバランス感覚を鍛えることができ、運動への興味も深まるキックバイク。

むしろ、キックバイクほど3歳のキッズにオススメできる乗り物はほかにない、といえます。

3歳におすすめのキックバイクとして、

  • ストライダーのベストセラー・ストライダースポーツモデル
  • 軽量でレースにおすすめのストライダーPRO
  • レーシング特化のハイエンド・ストライダーST-R
  • シンプルで安い西松屋
  • おしゃれ感の高いトーキョーバイクのこどもビームス別注パドル

この5つのモデルを解説していきます。

選び方

3歳のキッズにキックバイクを選ぶときのポイントは、

  • ブレーキが付いていない
  • タイヤがプラスチック製で軽い

この2点です。

ブレーキが付いていたほうが止まるときに安全ではないか、タイヤがゴム製のほうが安定して走れるのではないか、そう思うかもしれません。

ブレーキはいらない

ストライダースポーツモデル

3歳のキッズを対象年齢にしたキックバイクでもブレーキが付いているモデルがありますが、ブレーキは本当に必要なのか考えてみてください。

わたしは3歳ではブレーキをしっかり握れないので、ブレーキは不要と考えます。

もししっかりブレーキを握ることができても、3歳ではその握る加減を調整できず、0か100かの極端なブレーキになるのではないでしょうか。

走っている状態で100のブレーキをかけたら急ブレーキになり、ロックして転倒することは容易に想像できます。

ブレーキ付きのキックバイクもリアブレーキのみのモデルがほとんどですが、ブレーキの強さを調整してあったとしても安全だとは思いません。

安全のためにブレーキ付きを、と思うなら、4歳以上になって力の強弱がつけられるようになってからブレーキ付きのモデルを選ぶべきです。

使えないブレーキシステムは邪魔で重くなるだけです

しかも、ブレーキ機構は主に上部についているので、重心が移動したときにバランスをくずしやすくなる可能性さえあります。

ちなみに、キックバイクのレースではブレーキ付きのモデルは、安全のためにブレーキが効かないように調整しないと出場できない大会がほとんど。

急ブレーキでの本人の転倒が危ないのはもちろん、急に止まるとうしろを走る子どもにも影響を及ぼすからです。

ゴムタイヤは重い

ゴムタイヤをはいたキックバイクのほうがクッション性が高いため、走りやすそうに思えます。

ゴムタイヤを採用したキックバイクは、なぜかほとんどがブレーキ付きのため、タイヤだけでなくブレーキの分も重くなります。

一方、EVAなどのプラスチック製のやタイヤはゴムタイヤ、特にチューブ入りのゴムタイヤよりも圧倒的に軽いため、走りやすく、扱いもかんたん。

それでもやっぱりゴムタイヤが気になるなら、キックバイクに乗り慣れてからカスタムでゴムタイヤを選ぶのもひとつの手です。

おすすめキックバイク5モデル

3歳のキッズ向けでブレーキがなく、タイヤがゴム製でない軽量なモデルを選びました。

どのキックバイクもサドルの高さが調整でき、成長に合わせて長く使えます。

ストライダー スポーツモデル

ストライダーといえばコレ!いちばん人気の高いストライダースポーツモデル。

ストライダーの各モデルの違いはどこにあるのかイマイチわかりにくいかもしれませんが、乗りやすさとコストパフォーマンスを重視するとスポーツモデルがピカイチです。

ストライダーの12インチモデルは4つあり

  • ストライダー発売当初からのモデルを継承したクラシックモデル
  • クラシックモデルを改良し、ハンドルを握りやすくしたスポーツモデル
  • アルミボディでスポーツモデルをより軽量にしたプロ
  • まったく新しいレース専用カーボンモデルのST-R

があります。

シートの高さ調整の幅が大きいことやハンドルグリップの太さのことを考えると、12インチストライダーの中ではスポーツモデルがもっともコストパフォーマンスが高いといえます。

ストライダースポーツモデルについてくわしくはこちらのレビューをご覧ください。

【乗ってみた】ストライダースポーツモデル!ストライダーで迷ったらコレがおすすめ!

低年齢からが対象年齢になっているストライダーは、もしかしたら3歳には小さいのではないか? と考えるかもしれません。

ストライダースポーツモデルは、かんたんにシートの高さが変えられるので、3歳、4歳、5歳でも問題ありません。

成長してサドルが低くなったら、付属のXLロングシートポストに交換して高さを調整してください。

ストライダーにまたいで立ち上がった状態で、おしりの下に指4本分のスペースをあけるのがサドルの高さの目安です。

ストライダークラシックモデルのほうが安いので、クラシックモデルにしようか悩んでいる方もいると思います。

わたしも1台目でストライダースポーツモデルを買ったときにそのポイントで悩みました。

クラシックモデルはストライダー発売以来の伝統を継承したモデルで、ハンドルバーが大人の自転車の規格で作られています。

大人の手にしっくり来る太さのグリップが3歳にフィットするはずがありません。

クラシックモデルを選んで、あとでハンドルバーセットを交換するには2,750円、パフォーマンスXLシートを追加するには2,420円、合計5,170円かかります。

スポーツモデルとクラシックモデルの差額は2,860円ですが、2,860円以上の価値がハンドルバーとシートポストには存在します。

ストライダーのどのモデルにするか迷っている場合には各モデルの違いをくわしくまとめたこちらのページをご覧ください。

ストライダーはどの種類をどこで買う?3台乗り継いでわかった正しい選び方のポイント

カラーグリーン, レッド, ブルー, ピンク, オレンジ, イエロー, ブラック
サドル高285mm-475mm
重量3kg
もっとも人気のあるストライダーです
¥16,940 (2022/07/01 17:25時点 | 楽天市場調べ)

キックバイクではダントツでシェアナンバーワンのストライダー、ほかの子とかぶるのがイヤだと思う方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのはストライダーのコラボモデル。

ストライダーにはスポーツモデルをベースにしたさまざまなコラボモデルがあります。

とくにオススメしたいのは、2021年11月に発売されたムラサキスポーツ限定カラーのコラボモデルです。

フレームはシンプルなアイボリー、ホイールは発色の良いターコイズ、どちらもレギュラーカラーでは展開されていません。

おしゃれ感が非常に高いのが特徴です

カラーアイボリー × ターコイズ
サドル高285mm-475mm
重量3kg
ポケットストライダーもついてくる!
¥15,950 (2022/02/07 20:21時点 | 楽天市場調べ)

2021年4月にカラーリニューアルしたのはコラボモデルのセーブ・ザ・チルドレンモデル。

購入1台につき1,000円がセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付されます。

白いボディのストライダーはほかにはありません

白フレームに赤ハンドルが個性的!
¥18,040 (2022/07/01 17:26時点 | 楽天市場調べ)

ストライダーPRO

同じくストライダージャパンが展開するストライダーPRO。

ストライダーPROはストライダースポーツモデルと同じ細身のハンドルバーを採用していますが、アルミボディでレーシング用に作られています。

スポーツモデルより高価になりますが500gの軽量化に成功しているので、大会デビューするならストライダープロがおすすめです。

カラーシルバー, メタリックマルーン, メタリックアクア, ウルトラブルー, メタリックパープル
サドル高300mm-520mm
重量2.5kg
ペットボトル1本分軽量!
¥24,750 (2022/07/01 17:26時点 | 楽天市場調べ)

ストライダーST-R

もっともっと本格的にストライダーで大会を回るつもりなら、カーボンモデルのストライダーST-Rという選択肢もあります。

こちらは大人顔負けのカーボンテクノロジーをふんだんに使ったモデル。

高価ではありますが、ほかのメーカーのカーボンフレームにカーボンホイールをあわせるよりもずっと安くすませることができます。

2021年1月、新色ブルーが発売されました

カラーエクスポーズドカーボンウエイブ × ブルー
サドル高280mm-480mm
重量2.5kg
カスタムでさらなる軽量化も可能!
¥100,100 (2022/07/01 17:25時点 | 楽天市場調べ)

西松屋スマートエンジェル 足けりバイク エンジョイライド ベーシック

西松屋オリジナルブランドのスマートエンジェルは、3種類のキックバイクを展開しています。

3歳のキッズにもっともおすすめなのは、ER Basic こと、足けりバイクエンジョイライドベーシックです。

パステルカラーにホワイトグレーのタイヤがかわいいので、パット見では西松屋だとは気づかないかもしれません。

西松屋ではほかにコンパクトなエンジョイライドミニ、ブレーキ付きのエンジョイライド2があります。

西松屋のキックバイクはこちらのページで解説しています。

西松屋ならキックバイクが圧倒的に安い!口コミ◎の足けりバイク・エンジョイライド!

カラーブルー, ピンク
サドル高320mm-380mm
重量3.4kg
ピンク系との2色展開!
¥5,979 (2021/05/17 21:17時点 | 楽天市場調べ)

tokyobike × こども ビームス / 別注 tokyobike paddle

オシャレなデザインとカラーが目立つトーキョーバイクのトーキョーバイクパドル。

トーキョーバイクパドルにはビームス別注カラーのブルーがあります。

タイヤはチューブタイヤを採用しているので3.8kgと若干重め。

走破性と走行安定性が高いので、実際の重量感はあまり感じないかもしれません。

パステル系ブルーなので、男の子だけでなく女の子にも似合うのがポイントです。

こども ビームス
¥20,350 (2022/03/02 10:02時点 | Yahooショッピング調べ)

キックバイクの大会に出てみよう!

キックバイクの大会は毎週末全国で開催されています。

どの大会も3歳クラスがいちばん出場者が多くて盛り上がります。

3歳になるとしっかり蹴れるようになっているので、「よし、大会に出てみようか!」とチャレンジする方が増えるからかもしれません。

2歳でレースデビューしていなくても、3歳ではじめてレースに出て、いきなり優勝しちゃった! なんていう話も珍しくありません。

ビギナー向けクラスや未優勝者しか出場できないカジュアルな大会などを選ぶと、初めてでも緊張しないで走れるのでおすすめです。

大会に出るときにはこちらの記事で予備知識を付けておくと安心して挑めます。

ストライダーの大会に出よう!大会の種類や基礎知識・注意点・もちものまでチェック!

ストライダーの大会とイベントの情報はトップページでまとめています。

ストライダー・ランバイク 大会&イベント開催情報

あわせて買いたいヘルメット&プロテクター

安全にキックバイクに乗るためには、ヒジとヒザが出る服装やサンダル履きは絶対NGです。

キックバイクに乗るのに適した服装やくつを用意して、頭を守るためにヘルメットを必ずかぶりましょう。

子どもの安全を守るのは親の役目です。

メロンヘルメット

ヘルメットのおすすめは軽さが特徴のメロンヘルメット。

ハードシェルでおしゃれなヘルメットの中では圧倒的に軽量で、子どもへの負担が少ないのがうれしいポイントです。

メロンヘルメットは娘も使っており、M-Lサイズのレビュー記事がありますのでぜひご覧ください。

【使ってみた】メロンヘルメットはとにかく軽くて感激!サイズ調整で長く使えて経済的!

XXS-SM-L
頭囲46cm-52cm52cm-58cm
重量265g280g
色も柄も豊富なラインナップ!
¥8,800 (2022/02/08 16:30時点 | Yahooショッピング調べ)

シンプリーキッズ ソフトプロテクター

3歳のキッズにおすすめのプロテクターはシンプリーキッズのソフトプロテクターです。

からだにフィットしやすい素材を使っており、つけ心地がいいのが特徴。

グローブまで付いているのでコストパフォーマンスもかなり高いといえます。

Amazonで販売されており、15%引きのクーポンを配布しているので精算のときに使ってください。

右のコピーボタンでコピーできます。

SIMPLYKIDS15

SとMの違いはグローブの大きさだけです

シンプリーキッズのプロテクターはこちらにレビューがありますのでご覧ください。

【使ってみた】シンプリーキッズプロテクター【ヒジパッド・ヒザパッド・グローブ】

クーポンで15%オフ!
¥2,980 (2022/03/07 09:20時点 | Amazon調べ)

まとめ

3歳というアクティブな時期におすすめのキックバイクを選びました。

自転車や三輪車と迷うかもしれませんが、キックバイクは3歳で乗って後悔しないアイテムです。

安全を確保しながらたくさんキックバイクに乗って、親子の時間を濃密で楽しい宝物にしてください。

いろんなことに興味を持ってチャレンジしたがる3歳、キックバイクならしっかりからだを鍛えられる上に、たくさんの「できた!」を感じながら成長できることでしょう。

今回のイチオシはストライダースポーツモデル!

ストライダースポーツモデルのレビューはこちらのページです。

【乗ってみた】ストライダースポーツモデル!ストライダーで迷ったらコレがおすすめ!

レギュラーモデルは7色展開!
¥16,940 (2022/07/01 17:25時点 | 楽天市場調べ)

PICK UP

2021年3月 ストライダー用シューズがリニューアル

2色展開!
¥4,950 (2022/03/28 14:13時点 | 楽天市場調べ)

2021年3月 KEENからストライダー用シューズが新発売!

5色展開
¥6,050 (2022/03/28 14:08時点 | Amazon調べ)

2021年1月21日 新色ストライダー発売開始!

全世界1,000台限定
¥100,100 (2022/02/04 14:54時点 | 楽天市場調べ)

Amazonおトク情報

Amazonギフト券ならキャッシュでチャージするとポイントが貯まります

アマゾンギフトカード割引表
  • この記事を書いた人

わたなべるみ

2017年生まれ女の子の母親です。家族一丸となってストライダー・ランバイク・自転車に取り組んでおり、その経験や知識をもとに記事を構成しています。実際に使っているからこそ書けるレビュー記事にご注目ください。

-キックバイク選び
-,